災害に特化した住宅にしたいならイズヤマリゾートがベスト

  1. ホーム
  2. 通勤と生活に便利な都市

通勤と生活に便利な都市

男性

人口と住宅の増加

枚方市は、大阪中心部の北東にある都市です。路線を利用すれば20分程度で中心部にアクセスできるので、そのため枚方市は、通勤に便利なベッドタウンとして知られています。また、北側は京都と、東側は奈良と隣接しているので、それらにアクセスするためにも便利な都市です。ベッドタウンですから、帰宅後の時間を快適に過ごすための施設が、枚方市には数多くあります。書店などの買い物施設や、映画館などのアミューズメント施設が一体化したショッピングモールもあるのです。そのため暮らしやすさから、近年の枚方市では、年に約1%の割合で人口が増加しています。そして増えた人口を受け入れるための新築一戸建ても、次々に建築されています。

安全な暮らしのために

枚方市は、淀川と生駒山地とに囲まれた都市です。具体的には、淀川は枚方市の西側、生駒山地は東側にあるのです。西側の地域では、淀川に近い上に標高が低めなので、川の氾濫に備えた高基礎の新築一戸建てが多く建てられています。一方東側の地域では、生駒断層と呼ばれる活断層があることから、耐震性能の高い新築一戸建ての建築が進められています。つまり枚方市では、地域の特性を考慮しながら、安全に暮らしやすい新築一戸建てが建てられているわけです。また枚方市の中央地域は、標高が30メートル前後という丘陵地帯となっています。自然災害が発生しにくく、気候が温暖で雪が積もることもほとんどないため、この地域の新築一戸建てには特に高い人気があります。